投稿者「admin」のアーカイブ

YOUTUBEで収益化をえるためには

チャンネル登録者数や視聴回数の要件に加えて、各々異なる資格要件があります。査定担当者によってチャンネルや動画が要件を満たしていないと決断された事例、特定のパフォーマンスを有効にできない事があります。このように付け足しの要件を設定している要因はだいたい2つあります。最も肝心な要因は、YouTubeの用意するパフォーマンスが色々な専門の法的要件を満たす必須があるという事です。加えて、YouTubeでは優れたクリエイターに支払を受け取っていただけるよう、チャンネルに関連する十分な背景情報を取得する不可欠があります。それ故、より多くのコンテンツを見極めする不可欠が生じる事になります。YouTubeではいつもチャンネルを査定し、コンテンツが信条に準拠している事を見定めしています。YouTubeを使った動画配信でお金を稼ぐ“YouTuber(ユーチューバー)”という職業に注意が集まっています。

日本でもTOPYouTuberと呼ばれる人たちが、年収2億円以上を稼ぎ出した事がトピックになりました。さらに、中学生男子のなりたい職業順位でも3位に入るほど世間的な認知度は高いです。一見絢爛な印象のあるYouTuberの世の中ですが、本当は副業と大いに適合性のいい業務でもあります。本業とは別にYouTubeを使って月10万円を稼いでいる人は意外にも多く、方法次第で誰にでもトライ可能な副業と言えるでしょう。なおYouTubeは動画の分類も多く、自らの好きなフィールドで投稿すればいいのでビギナーでもトライできます。代表的な分類といえば…アイテム解説、ゲーム実況、ミュージック、教育、メイク・トレンド、料理などなど。如何にでしょう、実のところにこうして抜き出してみると、自身でも出来そうな分類がありそうですよね?動画配信をするだけでお金が得られるのには、会社広告が係りしています。

最初に、YouTubeに急上昇されている動画をユーザーが視聴しようとすると、動画の前に数秒程の広告が流れます。その広告を出している会社がお金として動画を組み立てした人にお金を払っています。的確にはGoogleアドセンスを通してお金のやり取りが行われていますが、造作なくに言うとこういった仕組みです
見返り価格の指標は平均1一新ごとに0.1円のお金が判断基準とされており、動画を10万回一新で1万円ほどの収入になります。広告中身やリユース頻度によっても見返りは変化します。

以前、トピックになったピコ太郎さんのPPAPの動画は1憶2000万回リユース以上!1回リユースあたり0.1円で1200万円以上の見返りになります。YouTubeで動画配信をした時、だいたい10万回一新で1万円が指標になるという話をしました。と言う事は万が一副業で10万円を稼ごうとすると、ざっと100万回以上の改修が必須です。この100万回補修という数字は一見途方もない視聴数に思えます。ただしいくつかの動画で100万リユースを目指すと考えれば、配信動画が多々あるほど一つの動画に対する視聴数の壁は下がっていきます。一概に100万補修を超えるようなヒット動画を生み出さなくても構わないのです。いくつかの動画を配信するために、慣れるまでは時と根気が必須ですが、継続して続けていけば顔出しなしで月10万円を稼ぐ事は十分にできるです。ついでに、YouTuberのHIKAKINさんは目下(2019年12月時点)主要であるHIKAKINTVで2545本の動画を配信しております。